尾道水道をのぞむ家/hzh

 

向島の北側、海沿いの高台から尾道水道を正面にのぞむという絶景の敷地。ありそうでなかなか巡り会えない貴重な景色。

新築ではありながら、できるなら古い家具や建具、木材を再利用してピカピカにならないような家を希望とのこと。なるほど、それはSDGsにもつながる考え方ですが実は古くから伝わっているモノを大切に使い続けるという作り方。素材探しや加工、施工もひと手間必要なのですが、心和む家になりました。

冬は薪ストーブで全体を温めるために、1FのLDKとピアノ室、2Fのライブラリーと吹抜けでつながっています。客間、ピアノ室、個室2つとタンス室にロフトまで、お子さん家族が帰省されても気がねなく過ごせる間取り。

断熱材はセルロースファイバー。

所在地:広島県尾道市
構造規模:木造2階建
延床面積:116平米
竣工年月:2022年3月